実力があれば年齢関係なく活躍が可能

若い人でも責任のあるポストを任せられる場合も

外資系企業というのは根本的な考え方が日本企業とは大きく異なります。それは実力主義であるということです。どんなに若くして外資系に転職した場合でも、与えられた仕事を着実にこなしていき、上を目指していくことで若い人でも責任のあるポストを任せてくれることは少なくありません。日本では一定の年齢にならなければなれないポストがあったり、経験年数がなければたどり着けないポストというのがありますが、外資系の場合には実力が有れば何歳であろうと経験年数が何年であろうと関係なくたどり着くことが可能です。20代で会社の経営を左右するような幹部になっていたり、30代で執行役員や社長クラスまで出世することも珍しくないのが外資系企業です。

転職の際にも年齢はあまり関係ない

日本企業で転職をする場合には、遅くても35~40歳までに転職しなければならないという風潮が存在しています。外資系の場合にはそのような年齢制限はほぼありません。中には年齢制限を設けている企業もありますが、それは稀な存在であり、人事担当者が職務を遂行できると判断すれば採用してくれることが多くなっています。実力があるのに年齢が高いから採用されないというのが日本企業では多いですが、外資系の場合にはどの年代の転職希望者が来ても公平な考え方で採用活動を行っているという特徴があるのです。これにより外国語ができて何か活かせるキャリアがあって転職を躊躇していた場合でも、外資系で働くチャンスは無限にあると考えても間違いないでしょう。