日本にオフィスがあって、日本人も多く働いている企業なのに、実は海外企業が出資している外資系企業だという会社が増えています。実際に、どのような日本人が外資系企業で働いて活躍しているのでしょうか。意外に知られていないこともある、外資系企業で働く人について紹介していきます。

外資系企業で働く日本人

年齢や役職

個々がスペシャリストという考え

外資系企業は個々がスペシャリストという考えを持っているので、自分の役割が明確に決まっているという特徴があります。それによって自分の仕事に専念できるというメリットがありますが、その分責任感をしっかり…

続きを読む

役職と年収は関係ない

外資系企業は、日本企業と比べて転職時に過去の役職や年収が重視されず、それぞれの求職者のポテンシャルが厳しく確認される傾向が見られます。例えば、営業や企画、広報など特定の分野の専門的な能力を持つ人は…

続きを読む

実力があれば年齢関係なく活躍が可能

外資系企業というのは根本的な考え方が日本企業とは大きく異なります。それは実力主義であるということです。どんなに若くして外資系に転職した場合でも、与えられた仕事を着実にこなしていき、上を目指していく…

続きを読む

スキルの高いスペシャリスト

もはや外資系への転職も不思議ではない

外資系企業への転職に憧れを持つ人が増えています。現代社会のようにグローバル化の波が大きく押し寄せていることを考えれば、いたって普通の流れといえるのではないでしょうか。ネットワークサービスの普及もあり、国を跨いでのビジネス展開も以前に比べて圧倒的なスピード感を持って進化しています。日本人の中にも、世界で通用するビジネスマンは多くいるといえるでしょう。専門的な知識やスキルを持っているのであれば、外資系企業にうって出るのも良いことかもしれません。「子どもの頃から外資系企業での勤務が夢だった」という人も多くいます。英会話教室や通信講座を受けるなどして、いつ外資系企業に転職してもいいように準備を整える人も少なくありません。

求められるのはビジネススキル

自らのスキルアップやレベルアップを目指すのであれば、現状よりも厳しい世界に挑戦することも必要でしょう。「英語が流暢に話せないから無理」や「外国人とのコミュニケーションが不安」などと端から外資系企業への転職に抵抗感を持つ人もいるかもしれません。しかしながら、そのような不安や懸念は容易にクリアできるケースも少なくないのが現実。あくまでも求められるのは、スペシャリストとしての役割であり、言葉の壁やコミュニケーションは徐々に身につけたいところです。卓越したビジネススキルこそが必要といえます。特定のジャンルの仕事なら絶対に誰にも負けないという能力があれば、外資系企業でも良いパフォーマンスを発揮できます。